スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープ・インパクト

なぜ世間は「アルマゲドン」ばかり評価するのか?

ディープ・インパクト

今回紹介する映画は「ディープ・インパクト」です。この作品は私が映画館で泣いた初めての映画です。それくらい素晴らしい映画なのに評価が低い。同時期に公開された「アルマゲドン」ばかりが高評価されるのに納得していません。そんな人が世の中にどれ位いるのでしょうか?

【あらすじ】
ある夜、天文部に所属する高校生リオ・ビーダマンは観測の途中である彗星を発見する。その情報を天文台のウルフ博士に連絡すると、その彗星の恐るべき動向が発覚する。ウルフ博士はその情報を連絡する途中で交通事故で死亡してしまう。数年後、ニュースリポーターであるジェニーは突如辞任した財務長官の取材を開始すると、合衆国大統領から呼び出しをうけ取材は中止するように命じられる。その見返りにこれから行う記者会見の最初の質問者となる権利を与えられた。その記者会見とはあの彗星の地球衝突と回避の為の「メサイア計画」発表の場だった。残された時間はあと1年。人類の運命は・・・

【レビュー】
基本的なプロットである「隕石の地球衝突、それに伴う人類滅亡を阻止」という点では「アルマゲドン」も「ディープ・インパクト」も同じである。しかし、前者は衝突阻止に出かけるブルース・ウィリス扮する掘削技師達をメインにおいているのに対し、後者は衝突阻止に向かう宇宙飛行士達はもちろん、合衆国大統領や発見者のリオ、リポーターのジェニーなど多くのキャラクターの視点を同時に進行させ、パニック映画としての要素が強く描かれています。
では、私がなぜ「ディープ・インパクト」を支持するのか・・・

※ここからはエンディングに触れています。未見の方はご注意を。

「アルマゲドン」は冒頭に小隕石の飛来を描き、最後はブルース・ウィリス演じる主人公がたった1人で犠牲になり、あとはハッピーエンド。めでたし、めでたし。で終わります。「ディープ・インパクト」は1度目の隕石爆破に失敗し、大・小2つに分裂する。小彗星の地球落下は避けられずに多くの犠牲者が出ます。それでも宇宙飛行士達のチームは諦めず、大彗星に対して自らの機体をぶつける事で、地球の壊滅的な損害を防ぐことに成功する。

どちらも同じエンディングに見えますが、大きく違うと思っています。1人の犠牲によって何事もなかったかのように平和を取り戻した「アルマゲドン」と、小彗星の衝突で多くの犠牲を出し、そして飛行士達も犠牲となった。それでも生き残った人類で新たに歩みを進めて行こうとする「ディープ・インパクト」。私はどうしても前者のほうが綺麗事で片づけているように思えてなりません。未曾有の大惨事が起ころうとしている状況をリアリティをもって表現していたのは後者であると思っています。

「ディープ・インパクト」にはロバート・デュヴァルやモーガン・フリーマン(おそらく合衆国大統領を黒人俳優が演じるのは初めて?)などの大御所が出演しながら、決して1人だけが目立つ演技をしていない、あくまでそこに出演している全員が主役であり、脇役なのだというパニック映画の素晴らしさを表現しています。

この作品を観てからだと、どうしても「アルマゲドン」が薄っぺらく見えてしまうのです。世間的な評価が低いことが納得いかないのです。是非とも両方を見比べて観てください。私は「アルマゲドン」では泣けませんでしたが、「ディープ・インパクト」では泣けました。

ディープ・インパクト [DVD]

新品価格
¥1,290から
(2011/8/9 13:35時点)




【是非、見比べてみてください!】

アルマゲドン [Blu-ray]

新品価格
¥1,958から
(2011/8/9 13:37時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

007/カジノ・ロワイヤル

6人目に魅了された私。

007/カジノロワイヤル

今回紹介したい心に残る映画は「007/カジノ・ロワイヤル」及び「007/慰めの報酬」です。2本ともという意味ではなく、6代目ジェームズ・ボンドを紹介したいという意味合いが強いです。ダニエル・クレイグが演じたジェームズ・ボンドに魅了されてしまったのです。

【あらすじ】
英国諜報部「MI6」のスパイである「00」の地位に昇格したジェームズ・ボンドは、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。

【レビュー】
言わずと知れた有名シリーズ「007」です。通算21作目、これまで5人の俳優がジェームズ・ボンドを演じてきました。今作から6代目としてダニエル・クレイグが演じています。それまでのシリーズは私の中ではあまり評価の高いものではありませんでした。テレビで放映された時に横目で眺める程度の興味しかありませんでした。では、なぜここから突然ファンになったのか?

それはこの作品からのジェームズ・ボンドのイメージがガラッと変わったからです。それまでの彼のイメージはスーツでビシッと決めて、プレイボーイで、ボンドカーなどの特殊な兵器を使いこなし、スタイリッシュに仕事をこなす。どんな仕事も完璧、そんなイメージでした。ところがダニエル・クレイグ版ボンドは違ったのです。

新しくなったジェームズ・ボンドは、敵と格闘し、フリーランニングで敵を追いかけ、拷問で傷だらけになり、それまでのスタイリッシュなボンドとはかけ離れた人間臭いキャラクター設定になっていました。それが私の中のボンド像を180度変え、とても魅力的なキャラクターに映りました。

それまでのジェームズ・ボンドが悪いというわけじゃないのですが、ダニエル・クレイグ版ボンドが見事に私の中にピッタリとハマったのでしょう。スタイリッシュなボンドよりも泥だらけになりながら敵を追うボンドが好きになったのでした。

物語も今作からリブードされ、1作目「カジノ・ロワイヤル」から描かれ、続編の「慰めの報酬」へと流れ込みます。これからジェームズ・ボンドを知るにはオススメの作品です。

007 カジノ・ロワイヤル [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/28 17:31時点)




【さらに続きます。】

007/慰めの報酬 [Blu-ray]

新品価格
¥1,487から
(2011/7/28 17:31時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

タワーリング・インフェルノ

パニック映画のススメ

タワーリング・インフェルノ

今回紹介したい心に残る映画は「タワーリング・インフェルノ」です。パニック映画というジャンルはご存知でしょうか?人災や天災に対して、老若男女多くのキャラクターが登場して、多種多様なシチュエーションの中で生き残る為の道筋を探していくというのが簡単なパニック映画の定義です。この作品は多くのパニック映画の中でも秀逸な作品だと思っています。

【あらすじ】
サンフランシスコの新名所、138階建てのグラスタワー落成式が催された。だがその真っ只中、予算を着服するために行った電気系統の手抜き工事が原因となり、81階の備品室でボヤ火災が発生していた。設計者のロバーツはオーナーのダンカンに135階の会場に300名の来賓を招いて開かれた落成式を直ちに中止するよう進言するが、ダンカンは全く耳を貸さない。そうしているうちに火災は序々に深刻の度を増し、落成式の会場に迫っていった。事態を重く見た消防隊のオハラハン隊長は決死の救出作戦に出る。

【レビュー】
パニック映画の中でも王道の「火災」をテーマにした本作。逃げ場の無い状況であらゆる手段を講じて生き延びようとする人間模様が描かれます。映画の公開は1974年ですので筆者は1歳ですから、当然のことながら大人になってからの鑑賞でしたが、古さを感じさせない作りでした。超高層ビルが多く立ち始めた時期に、その安全性に問題を投げかける作品でもありました。

ちょっと古い映画ですので、合成やセットなどにチープな感じは否めませんが、それでも緊迫感のあるシーンをいくつも作り出しています。俳優陣も名優のスティーブ・マックイーンやポール・ニューマンなど往年のスターが共演していることでも話題となりました。とっても見応えのある作品です。

個人的にパニック映画が大好きで、この作品以外にも古くは「ポセイドン・アドベンチャー」や「エアポート」シリーズ、新しい作品では「デイライト」や「アウトブレイク」など、多くのパニック映画のオススメがあります。他にもゾンビ映画や宇宙人襲来を描いた作品など、面白い作品はたくさんありますので、ここでも取り上げたいと思っていますので、お楽しみに。

タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/21 17:32時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

天空の城ラピュタ

最近、忘れてしまっていませんか?

天空の城ラピュタ

今回紹介する映画はこのブログでは初めての日本映画、そしてアニメ作品です。その作品とは「天空の城ラピュタ」です。中学生時代に観た私はこの冒険活劇にすっかり魅了されてしまい、セリフを覚えるくらい観た記憶があります。(今でも呪文を言えるくらい)

【あらすじ】
スラッグ峡谷に住む見習い機械工の少年・パズーはある日、空から降りてきた不思議な少女を助ける。その少女・シータは、浮力を持つ謎の鉱石「飛行石」を身につけていた。やがてパズーは、飛行石を狙う政府機関や海賊たちの陰謀に巻き込まれ、かつて地上を支配したという伝説の天空島「ラピュタ帝国」の謎に身を投じていく。

【レビュー】
子供時代に「宮崎駿」という人物を意識して作品を観たことはなかったのですが、後になって考えると「未来少年コナン」や「ルパン三世」など自分でも気が付かない内に宮崎駿の世界を刷り込まれてしまっていたようです。

「風の谷のナウシカ」では戦争や環境破壊など、ちょっと子供には難しいテーマを扱っていましたが、この作品「天空の城ラピュタ」ではもうとにかくワクワクさせてくれる設定と脚本。それは見事に中学生だった私の心を魅了してくれました。

物語に登場する飛行船やロボット、魅力的なキャラクター達。最後まで飽きさせないテンポで進む物語。まさに「冒険活劇」という言葉がピッタリな作品です。

今でもスタジオジブリの作品は嫌いではありませんが、残念ながら最近の作品からは「ラピュタ」のようなテンポの良さとわかりやすさからは遠ざかってしまっているような気がしてなりません。いつも新作を楽しみにしている1人ですが、その新作がどんな内容かわかるたびに「ああ、冒険活劇じゃないのか・・・」とガッカリしているのです。

個人的な意見ですが、この「天空の城ラピュタ」のような続編とはいいませんので、新たな冒険活劇物を作って欲しいと切に願っています。(監督の意向には反するようですが。)

最近ではこの作品で味わえるようなワクワク感を忘れてしまっているのかも・・・いや、ワクワクさせてくれる作品が減っているのかも知れませんね。
是非、この作品でワクワク感を思い出してください。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]

新品価格
¥5,283から
(2011/7/15 16:20時点)




【こちらもオススメです。】

ルパン三世「カリオストロの城」 [Blu-ray]

新品価格
¥3,700から
(2011/7/15 16:22時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

トイ・ストーリー3

どうしてこんなに素敵なお話が作れるのだろう。

トイ・ストーリー3

今回紹介する作品は、比較的新しい作品ですが「トイ・ストーリー3」です。CGを使って描かれる作品が多くなってきていますが、その先駆けとなった「トイ・ストーリー」の3作目にあたる作品です。なぜ、1でも2でもなく3を紹介したいのかは後述します。

【あらすじ】
1作目から10年が経過し、おもちゃの持ち主であるアンディもまもなく大学への進学を迎えようとしていた。かつて遊んだおもちゃ達も箱から出されることもなくなっていた。
ある日、大学進学の為の寮生活が始まる前に部屋のおもちゃを整理しようと、ひさしぶりにおもちゃ箱を開けたアンディ。そこにはかつて遊んだ大事なおもちゃ達がいた。捨てる物と寄付する物、保存する物に分ける作業を進めていたアンディだったが、間違えて大事に保存しようと思ったおもちゃ達を母親が捨てる物と間違えてしまった。捨てられたのだと勘違いしたおもちゃ達は、捨てられるのならばと寄付される箱へと乗り移り、児童施設にやってきた。ところがそこはロッツォという熊のぬいぐるみが支配する世界だった。そこで幼い子供達に乱暴に扱われてしまうおもちゃ達。彼らは無事に抜け出してアンディの元に帰ることができるのか?

【レビュー】
もちろんシリーズ物の3作目なので、1作目から観ているほうが何倍も楽しめるのは言うまでもありません。そして、1作目も2作目もとても素敵なお話で心が暖かくなる作品なのは間違いありません。ではなぜ3作目を紹介したのか。それは・・・

この3作目におもちゃとしての1番の問題が描かれているからです。思い出してみてください。子供の頃はどんなおもちゃでも喜んで遊んでいませんでしたか?それらのおもちゃって今も残っていますか?私はいつの間にか遊ばなくなり、気が付いた時にはそれらはありませんでした。(正直、行方を調べることすらしていません。)

つまりこの作品はおもちゃとしての大問題「持ち主との別れ」を丁寧に、そして見事に描いているのです。私はそれをどんな風に描くのかをとても期待していました。そしてそれは私の想像をはるかに超える素敵な物語として描かれていました。

そしてこんな素敵なお話を考えられるスタッフを尊敬しました。「なんて素敵なお話を作ることができる人達なのだろう。」と。改めて、ピクサー・アニメーションスタジオの凄さを見せつけてくれる作品です。是非、ご家族で出来るなら1作目からご覧になってください。

トイ・ストーリー3 ブルーレイ DVDセット(ブルーレイケース) [Blu-ray]

新品価格
¥2,900から
(2011/7/12 15:32時点)




【セットで買うならこちらがオススメ!】

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

新品価格
¥7,809から
(2011/7/12 15:33時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。