スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタッチャブル

禁酒法・・・現代ではありえない法律
アンタッチャブル

久しぶりにSF以外の映画を紹介できることにちょっとホッとしている自分がいます。今日紹介したい心に残る映画は「アンタッチャブル」です。この作品も劇場ではなく日曜洋画劇場での鑑賞だったと思います。まだ学生だった私は禁酒法下で繰り広げられる壮絶な戦いに心を奪われました。

【あらすじ】
1930年、9月。エリオット・ネスが、財務省からシカゴに特別調査官として派遣されてきた。禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。中でもアル・カポネのやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。カポネ逮捕の使命感に燃えるネスだったが、警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。彼には部下が必要だった。そんな彼に、初老の警官ジミー・マローンが協力することになる。多くの修羅場をくぐってきたマローンから、ネスは多くのことを学んだ。やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーンがスカウトされてやってくる。さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレスが派遣されてくる。巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。

【レビュー】
現代では考えられないような無茶な法律「禁酒法」が実際に施行されていたアメリカ、シカゴを舞台に実在した人物で綴られるギャング映画です。史実よりはドラマチックに脚色されているようですが、出演している俳優さんの豪華さはすごいです。

正義に燃えるエリオット・ネスに当時まだ無名だったケビン・コスナー。彼に協力し多くの教えを与えるベテラン警察官にショーン・コネリー。残虐で容赦ないマフィアのボス、アル・カポネにロバート・デ・ニーロ。若手警官にアンディ・ガルシアと現在この俳優さんを揃えようと思ったら、そのギャラだけで何本もの映画が作れてしまうだろうというくらいの豪華さです。

特にロバート・デ・ニーロのアル・カポネは強烈な印象を与えます。この作品以来、私の中で彼は強面のイメージが付いてしまい悪役以外の役が似合わなくなってしまいました。残念ながらアカデミー賞に輝いたのはショーン・コネリーでしたが・・・

ユニオン駅での「階段落ち」など有名なシーンが多くあるこの映画、子供ながらとても印象に残る面白い映画です。エンディングでカポネもいなくなり、禁酒法も無くなったネスに記者が「この後、どうしますか?」と聞き、「酒でも飲みながら考えるさ。」と答えたネスに思わず「カッコいい!」と声を上げてしまうことでしょう。

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,067から
(2011/10/5 16:39時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

アイ・アム・レジェンド

衝撃の別エンディングを見てください。
アイ・アム・レジェンド

当初、劇場でこの作品を観た私の評価はそれほど高いものではありませんでした。そんな普通の評価だったこの作品の評価を上げることになったのは、後に購入したDVDに映像特典として入っていた「もうひとつのエンディング」を見たからでした。今日のオススメ作品は「アイ・アム・レジェンド」です。

【あらすじ】
時は2012年。元米国陸軍中佐であり科学者のロバート・ネビルは、もう3年もの間ニューヨークでたった1人の生活を続けていた。3年前に突如発生した狂犬病にも似た病気はあっという間に全世界に蔓延し、生存者は彼1人になっていた。彼は自分の血液から病気に対する血清を作り出す研究を続けるとともに、生存者に対してラジオを使い自分の存在を放送し続けていた。自分と同じように生存者がいることを信じて・・・

【レビュー】
予告編を見た時のこの作品の印象はSF版「キャスト・アウェイ」みたいに、たった1人になった彼が力強く生きていく・・・みたいな映画かと思っていました。冒頭15分はそんな感じだったのですが、それ以降はガラッと様相を変え始めます。私の好きなゾンビ映画に近い作りになっていました。

病気に侵された人類は絶滅したわけではなく、「ダークシーカー」と呼ばれる獰猛な吸血鬼となって暗闇に潜んでいたのです。太陽にあたると火傷を負ってしまうので、昼間のうちはビルの中など暗闇の中にいて、日が沈むと外で活動を始めるというもの。闇にうごめくダークシーカー達は、まさにゾンビそのものでした。それだけで盛り上がってしまった私だったのですが、エンディングでこの映画の評価は普通になってしまいました。

その問題のエンディングとは多くを語るとネタバレになるので、最小限に留めますが、「特攻型」でした。(勝手にそう名付けました。)例を挙げると「アルマゲドン」や「日本沈没」などのエンディングと同じです。勘が良い人ならわかってしまったかも知れませんね。個人的にはこの「特攻型」の終わり方が1番嫌いなんです。

ところが、後から購入したDVDを見て驚きました。「もうひとつのエンディング」と書かれていたのです。早速、鑑賞してみて私のこの作品の評価は上がることになります。それは劇場で観たエンディングとは180度違うエンディングだったのです。こちらも個人的な意見ですが、とても希望が持てる終わり方でした。そして、ダークシーカー側に対しても希望を与える終わり方でした。

もし、劇場でしか観ていない人や、まだ観ていない人は是非とも見比べてみてください。

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

新品価格
¥1,734から
(2011/9/13 17:26時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

オーシャンズ11

泥棒と聞いて誰を思い浮かべますか?
オーシャンズ11

「泥棒」という言葉はあまりいい言葉ではありませんが、映画の中では時にとても魅力的なキャラクターとして登場する時があります。良い子はマネをしてはいけませんが・・・今回紹介したい心に残る作品は「オーシャンズ11」です。

【あらすじ】
4年間の服役を終え仮釈放された窃盗犯ダニー・オーシャン。彼は服役中にも盗みの計画を立てていた。ラスベガスで3つの巨大カジノを経営する「ベラージオ」そこでの売り上げが集まる巨大金庫室から1億6千万ドルを盗み出そうというのだ。その為に集められた10人のプロフェッショナル達。前代未聞の大計画が始まろうとしていた。そしてもう1つダニーには取り戻したいものがあったのです。

【レビュー】
子供の頃から1番印象に残っている「泥棒」といえば、やはり「ルパン三世」でしょうか。子供ながらにあのキャラクターに魅了された人も多かったと思います。では何が魅力的なのか?いくつか要素がありますが、1つは人を殺さないこと。(悪役は殺すかな?)もう1つは決して貧乏人からは盗まない。この2つの要素が犯罪者であるはずの泥棒を魅力的なキャラクターに押し上げてしまう要因ではないでしょうか。

この「オーシャンズ11」に登場するダニー・オーシャンもそんな魅力的な泥棒の1人です。そして何よりこの映画に登場する集められた仲間達もそれぞれが一癖も二癖もあるとても魅力的なキャラクターの集まりなのです。しかも彼らを演じているのが、ブラッド・ピットやマット・デイモン、ジョージ・クルーニーにジュリア・ロバーツとなれば観ているこちらはワクワクしてしまうのは止めようがありません。

1番重要である盗みの対象にしても、難攻不落のセキュリティに守られた大金庫をあの手この手で攻略し、見事に落として見せる様は観ていて、とても気持ちがいい。ラストの噴水の前でのシーンは鳥肌が・・・

調子にのって2作目、3作目と作りたくなる気持ちもわかります。ただ脚本が前作を超えるほどではなかったのはファンとして残念でなりません。しかし、キャストを変えることなく、全ての作品を作り上げたのは製作者側の努力の賜物だと思います。

オーシャンズ11 [Blu-ray]

新品価格
¥1,467から
(2011/8/16 14:46時点)




【よろしければ、こちらも・・・】

オーシャンズ12 [Blu-ray]

新品価格
¥1,620から
(2011/8/16 14:47時点)



オーシャンズ13 [Blu-ray]

新品価格
¥1,533から
(2011/8/16 14:47時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

X-メン

戦うことに理由は必要・・・

X-メン

子供の頃、戦隊ヒーローや仮面ライダーなどが大好きでした。ところがある時期から彼らの戦う理由みたいなものが薄っぺらく思えてしまって、見なくなっていきました。それが大人になるということでしょうか?あ、今日紹介したい心の残る映画は「X-メン」です。

【あらすじ】
突然変異によって多種多様な能力を身に付けた人間「ミュータント」が存在する近未来の世界。彼らは謂れのない差別を受けないように身を潜めて暮らしていた。強大なテレパシー能力を持つ「プロフェッサーX」ことチャールズ・エグゼビア教授はミュータントの子供達を集め、児童施設を作り教育し、「X-メン」を組織し人間との共存を目指し努力していた。
一方、その強大な力で人間を支配しようと企むエリック・レーンシャーは磁力を操る能力で自らを「マグニート」と名乗り、ミュータントが人間よりも優れた種族であり、支配する側であることを証明しようとしていた。その為の恐るべき計画が動き出そうとしていた。

【レビュー】
私のアメコミ映画好きはこの作品がキッカケとなりました。それまでのアメコミ映画はバットマンなどに代表されるように、あくまで子供向けで勧善懲悪、奇抜なコスチュームを着た悪役を懲らしめるだけの作品ばかりでした。ところがこの作品はアメコミではカラフルなコスチュームを着ていたキャラクター達の特殊能力はそのままに、あくまで人間として生きようとする彼らの苦悩が描かれ、対照的な2人のリーダーのもとで活躍するミュータント達が生き生きと描かれていきます。

この作品の成功はアメコミが原作であることに変に固執せず、「X-メン」が持っているダークな面(人種差別)をうまく残しつつ、実写化という作業を行ったことだと思います。

※実際のコミックでのウルヴァリンはこんな感じ
ウルヴァリン

正直、このコスチュームのまま映画にしていたら、今までと同じことになっていたと思います。実際の世界に彼らが存在したら?というコンセプトが今日のアメコミ映画ブームを作り上げたといっても過言ではないと思っています。

そして、この後に「スパイダーマン」や「インクレディブル・ハルク」「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」とマーベルのアメコミ映画の大ヒットに繋がっていくのです。
この作品だけでなくシリーズ通して観るとさらに楽しめると思います。

X-MEN [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/8/4 16:00時点)




【もちろん、こっちもオススメ】

X-MEN2 [Blu-ray]

新品価格
¥1,630から
(2011/8/4 16:01時点)



X-MEN:ファイナル ディシジョン [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/8/4 16:02時点)



【Amazon.co.jp限定】X-MEN コンプリートBOX Xパッケージ付き〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

新品価格
¥9,600から
(2011/8/4 16:04時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

どんだけ冒険物が好きなんだろう・・・

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

今回紹介したい作品は「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」です。製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督スティーブン・スピルバーグがタッグを組み、ハリソン・フォード演じる考古学者インディ・ジョーンズが活躍する冒険活劇の第2弾。前作「レイダース/失われたアーク」の1年前が舞台となっています。

【あらすじ】
1935年、考古学者インディは上海のギャングとの取引が決裂しトラブルに陥る。その場に居合わせた歌手ウィリー、相棒の少年ショート・ラウンドと共に飛行機で追っ手から逃れるが、ギャングの策略により飛行機は墜落、インドへたどり着く。
そこで奇妙な老人に出会い、彼の住む小さな村へ案内されると、村にはサンカラ・ストーンと呼ばれる秘石が祭られていたが、邪教集団に奪われ、村の子供も連れ去られたという。 老人から救世主だと言われたインディ達はサンカラ・ストーンと子供達を取り戻すため、邪教集団が住み着いているという、かつてマハラジャが支配していたパンコット宮殿へ向かう。彼らは無事に秘石と子供達を救うことは出来るのか?

【レビュー】
この作品も初めて観たのは中学生くらいの時、スクリーンの中で繰り広げられる数々の冒険に心を躍らせていました。この頃の私は本気で「将来は考古学者になろうかな?」なんて考えていました。考古学者になればインディのようにあんなにワクワクする冒険が出来るのでは?なんて子供だったのでしょう。

大人になっても観る事はありますが、私の心をワクワクさせてくれることに変わりはありません。この作品で映画とはエンターテイメント=人を楽しませることの出来るものであるという映画に対する考え方が私の中に出来上がりました。

作品については、脚本のテンポもいいし、宮殿の中の数々の仕掛け、トロッコなどなど、エンディングまで観客を飽きさせない作りになっています。難しいことは考えずに観ているだけで楽しめる作品です。
もちろんこの作品だけでなく、インディ・ジョーンズシリーズはどの作品もとても面白く、私の心を躍らせてくれます。他の3作品も必見です。

余談ですが、このブログで心に残る映画を紹介させてもらっていますが、なぜか冒険物が多い事に気が付きました。どれだけ現実逃避したいのでしょうか(笑)

インディ・ジョーンズ コンプリート・コレクション [DVD]

新品価格
¥6,180から
(2011/7/20 16:32時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。