スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊たちの沈黙

闇は光の中でこそ引き立つのでは?

羊たちの沈黙

今回の作品は私がまだ自分から「この映画を観るぞ・・・」と劇場に足を運べる年齢ではなかった学生時代の作品「羊たちの沈黙」です。当時の私はまだ自分から映画を選ぶというよりは、世間でヒットしている映画をレンタルビデオになるのを待って借りてくる。というのがほとんどでした。この作品も世間的な大ヒットからはかなりズレてからの鑑賞だったような気がします。

【あらすじ】
若い女性の皮膚を剥ぎ落とし、その死体を川に流すという残忍な連続猟奇殺人が発生した。
犯人の仮称を冠し「バッファロー・ビル事件」と呼ばれるこの事件を解決するため、FBI訓練生のクラリスは、クロフォード主任捜査官からある任務を課される。それは、元は天才的な精神科医であり、自分の患者を食したため現在は州立精神病院に措置入院されているハンニバル・レクター博士を訪ね、バッファロー・ビルの精神状態を解明させるというものだった。クラリスから依頼されたレクターは、その引き換えとしてクラリスに、彼女自身の過去を語らせる。犯人に近づく為にクラリスとレクター博士の奇妙な交流が始まった。

【レビュー】
なにより私が驚いたのが、この作品が第64回アカデミー賞で作品賞を含む5冠を達成していることである。(作品賞・主演男優賞・主演女優賞・監督賞・脚色賞)
アカデミー賞を受賞する作品の印象というと、ちょっと一般受けしない難しい作品や重厚な人間ドラマを描いた作品が受賞するというイメージがあり、この作品のように猟奇殺人をテーマとしたクライム・サスペンスがこれほどアカデミー賞で評価をされるのにとても驚きました。(それはこの作品以前も以後も・・・)

ではなぜこの異質な作品がこれほど評価されたのか?私個人的な意見になりますが、本来の犯人であるバッファロー・ビルを完全に脇役にしてしまい、強烈なキャラクターであるハンニバル・レクター博士が精神病院の監獄という閉ざされた空間にいながらも、物語のすべてを握っているかのような雰囲気がこの映画の成功の要因だと考えています。FBIや警察を嘲笑うかのように見事に振り回す様は観ている観客を圧倒してしまうのです。

でも続編である「ハンニバル」や「レッド・ドラゴン」などレクター博士を主人公にした作品はあまりいい作品とは思っていません。それはレクター博士という人間の闇の部分を際立たせたキャラクターは周りに光の部分(クラリスなど)があってこそ、輝きを放つのだと思います。だから別の作品で自由に行動できてしまう(囚われの身ではない)状況では、迫力に欠けてしまうのでは?

他の作品も観ればより楽しめますが、「羊たちの沈黙」だけで見事に完成した作品です。

羊たちの沈黙 [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/13 15:22時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。