スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイ・ストーリー3

どうしてこんなに素敵なお話が作れるのだろう。

トイ・ストーリー3

今回紹介する作品は、比較的新しい作品ですが「トイ・ストーリー3」です。CGを使って描かれる作品が多くなってきていますが、その先駆けとなった「トイ・ストーリー」の3作目にあたる作品です。なぜ、1でも2でもなく3を紹介したいのかは後述します。

【あらすじ】
1作目から10年が経過し、おもちゃの持ち主であるアンディもまもなく大学への進学を迎えようとしていた。かつて遊んだおもちゃ達も箱から出されることもなくなっていた。
ある日、大学進学の為の寮生活が始まる前に部屋のおもちゃを整理しようと、ひさしぶりにおもちゃ箱を開けたアンディ。そこにはかつて遊んだ大事なおもちゃ達がいた。捨てる物と寄付する物、保存する物に分ける作業を進めていたアンディだったが、間違えて大事に保存しようと思ったおもちゃ達を母親が捨てる物と間違えてしまった。捨てられたのだと勘違いしたおもちゃ達は、捨てられるのならばと寄付される箱へと乗り移り、児童施設にやってきた。ところがそこはロッツォという熊のぬいぐるみが支配する世界だった。そこで幼い子供達に乱暴に扱われてしまうおもちゃ達。彼らは無事に抜け出してアンディの元に帰ることができるのか?

【レビュー】
もちろんシリーズ物の3作目なので、1作目から観ているほうが何倍も楽しめるのは言うまでもありません。そして、1作目も2作目もとても素敵なお話で心が暖かくなる作品なのは間違いありません。ではなぜ3作目を紹介したのか。それは・・・

この3作目におもちゃとしての1番の問題が描かれているからです。思い出してみてください。子供の頃はどんなおもちゃでも喜んで遊んでいませんでしたか?それらのおもちゃって今も残っていますか?私はいつの間にか遊ばなくなり、気が付いた時にはそれらはありませんでした。(正直、行方を調べることすらしていません。)

つまりこの作品はおもちゃとしての大問題「持ち主との別れ」を丁寧に、そして見事に描いているのです。私はそれをどんな風に描くのかをとても期待していました。そしてそれは私の想像をはるかに超える素敵な物語として描かれていました。

そしてこんな素敵なお話を考えられるスタッフを尊敬しました。「なんて素敵なお話を作ることができる人達なのだろう。」と。改めて、ピクサー・アニメーションスタジオの凄さを見せつけてくれる作品です。是非、ご家族で出来るなら1作目からご覧になってください。

トイ・ストーリー3 ブルーレイ DVDセット(ブルーレイケース) [Blu-ray]

新品価格
¥2,900から
(2011/7/12 15:32時点)




【セットで買うならこちらがオススメ!】

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

新品価格
¥7,809から
(2011/7/12 15:33時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。