スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデペンデンス・デイ

2つのジャンルの良いところを兼ね備えた作品
インデペンデンス・デイ

私の好きな映画に「SF映画」と「パニック映画」があります。そのどちらの要素も兼ね備えた名作映画があります。すっかりディザスタームービーの巨匠と呼ばれるようになってしまったローランド・エメリッヒ監督の「インデペンデンス・デイ」です。陳腐なストーリーと揶揄されることもありますが、個人的には好きな作品の1つです。

【あらすじ】
アメリカ独立記念日を2日後に控えた7月2日、突如として地球に接近する巨大な飛行物体をレーダーが捉えた。直径24キロにも及ぶ円盤型の飛行物体はニューヨーク、ワシントンD.C.など世界中の大都市の上空に現れ、何かを待つように静止した。ニューヨークに住むコンピューター技師のデイヴィッドは衛星通信の影に潜むように円盤同士で送られている電波を見つけ出し、解析に成功する。その電波はある時刻へ向けてのカウントダウンだった。デイヴィッドはそれが人類への攻撃開始の合図であると、元妻が勤務するホワイトハウスへ車を走らせる。間一髪のところで攻撃時間ギリギリにエアフォースワンでの脱出に成功したホイットモア大統領は人類を滅亡させようとするエイリアンに対して攻撃することを決意する。ここに人類対異星人の壮絶な戦いが始まる。

【レビュー】
この作品を観た当時の感想は「久しぶりに見応えのあるSFパニック映画を観た」でした。色んなところでアメリカ万歳の陳腐なストーリーと言われることもありますが、個人的には大統領から始まり、軍人に民間人と登場人物の立場も色々と描かれていて、バランスの取れた脚本に仕上がっていたと思っています。

そして、アカデミー賞も受賞した視覚効果も見事で、各大都市に配置された円盤から放たれたレーザー砲によって破壊されていく様子はCGのみを使うのではなく、ミニチュアも使って迫力ある攻撃シーンとなっています。

もちろん、私がこれだけ高評価をするのは視覚効果だけの薄っぺらい映画ではなく、脚本も良く出来ているからです。核攻撃にも耐えうるバリアでいかなる攻撃も受け付けない異星人に対し、コンピューターウィルスによって無効化するとか。エリア51の存在、以前から地球に潜入し調査していた異星人がいよいよ人類に攻撃を仕掛けてきたという設定もなかなか面白いなと思わせてくれました。

この作品の続編が2作品の予定で進行中です。是非とも1を上回る作品を作ってくれることを心より願っています。

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,733から
(2011/12/7 17:57時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。