スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピード

キアヌ・リーブスの出世作
スピード

1994年に公開されたこの「スピード」という作品は、どこかで聞いたことのある設定ではあるものの、その脚本力と魅力あるカメラワークによって、見事に傑作として評価を受けた作品である。続編も制作されたが、やはりこの1作目が抜群に面白い。「ダイ・ハード」シリーズと対を成すシリーズを期待したのですが・・・

【あらすじ】
ロサンゼルスのオフィスビルにあるエレベーターに爆弾が仕掛けられ、乗客が閉じ込められる事件が発生。ロサンゼルス市警察SWAT隊員であるジャック・トラヴェンはマクマホン分隊長や同僚のハリー達と共に爆弾を排除、乗客達を救出。さらに身代金を要求してきた犯人のハワード・ペインを追い詰めるがもう一息のところで逃げられてしまう。身代金搾取に失敗したペインはジャックを恨み、今度は路線バスに爆弾を仕掛け、ジャックに対応させるよう仕向ける。信管は速度測定系に連動、バスの速度が一度でも時速50マイルを越えると安全装置が解除され、50マイルを下回ると爆発する。何も知らずに出発してしまったバスは乗客を乗せたまま、死へのスピードを加速させていく・・・

【レビュー】
キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック主演、ヤン・デ・ボン監督とこれだけ聞けば今ならさぞすごい映画が撮れることだろうと思ってしまいますが、「スピード」公開当時は誰も聞いたことのない出演者、スタッフによる映画だった。私自身もさほど期待もせずに劇場へ足を運んだことを覚えています。

お話そのものも、私の中ではそれほど斬新というわけではなく、「スピードが落ちると爆発する仕掛け?どこかで聞いたことが・・・」というものでした。ところが始まってみるとその印象はまったく違うものになります。冒頭のエレベーターでの事件だけでも見応えがあり、もう少し見せ方を考えれば、それだけで2時間の映画を1本作ることができるんじゃないかと思えるくらいにクオリティが高かった。そんなプロットをあくまでまずは観客を引き付けるものとだけにして、次の事件へと引き寄せる。そしてバスへの爆破事件もありきたりなはずなのに、そのテンポの良さでグイグイと観客を世界観に引きずり込み、エンディングまで息をもつかせない演出は、逆に心地よささえ感じてしまいます。

残念ながら本作の大ヒットを受けて制作された続編はキアヌ・リーブスの降板により、ヒットとは言えない出来になってしまいました。(それだけが理由ではありませんが・・・)同じタイトルがつく作品であれば、主要キャストは変えないでほしいですね。

スピード [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/11/2 20:44時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。