スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタッチャブル

禁酒法・・・現代ではありえない法律
アンタッチャブル

久しぶりにSF以外の映画を紹介できることにちょっとホッとしている自分がいます。今日紹介したい心に残る映画は「アンタッチャブル」です。この作品も劇場ではなく日曜洋画劇場での鑑賞だったと思います。まだ学生だった私は禁酒法下で繰り広げられる壮絶な戦いに心を奪われました。

【あらすじ】
1930年、9月。エリオット・ネスが、財務省からシカゴに特別調査官として派遣されてきた。禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。中でもアル・カポネのやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。カポネ逮捕の使命感に燃えるネスだったが、警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。彼には部下が必要だった。そんな彼に、初老の警官ジミー・マローンが協力することになる。多くの修羅場をくぐってきたマローンから、ネスは多くのことを学んだ。やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーンがスカウトされてやってくる。さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレスが派遣されてくる。巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。

【レビュー】
現代では考えられないような無茶な法律「禁酒法」が実際に施行されていたアメリカ、シカゴを舞台に実在した人物で綴られるギャング映画です。史実よりはドラマチックに脚色されているようですが、出演している俳優さんの豪華さはすごいです。

正義に燃えるエリオット・ネスに当時まだ無名だったケビン・コスナー。彼に協力し多くの教えを与えるベテラン警察官にショーン・コネリー。残虐で容赦ないマフィアのボス、アル・カポネにロバート・デ・ニーロ。若手警官にアンディ・ガルシアと現在この俳優さんを揃えようと思ったら、そのギャラだけで何本もの映画が作れてしまうだろうというくらいの豪華さです。

特にロバート・デ・ニーロのアル・カポネは強烈な印象を与えます。この作品以来、私の中で彼は強面のイメージが付いてしまい悪役以外の役が似合わなくなってしまいました。残念ながらアカデミー賞に輝いたのはショーン・コネリーでしたが・・・

ユニオン駅での「階段落ち」など有名なシーンが多くあるこの映画、子供ながらとても印象に残る面白い映画です。エンディングでカポネもいなくなり、禁酒法も無くなったネスに記者が「この後、どうしますか?」と聞き、「酒でも飲みながら考えるさ。」と答えたネスに思わず「カッコいい!」と声を上げてしまうことでしょう。

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥2,067から
(2011/10/5 16:39時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。