スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレデター2

どうして1でなく2をオススメするのか? PART2
プレデター2

冷静にこのブログを見返してみたら、そのほとんどがSF映画であることに今さらながらに気が付いてしまい、改めて自分のSF映画好きを再確認しました。そして今回紹介したい心に残る映画もまたしてもSF映画「プレデター2」です。

【あらすじ】
舞台は1997年ロサンゼルス。ロス市警とコロンビアの麻薬シンジケートとの激しい抗争に駆けつけたマイク・ハリガン警部補は、血塗れになった無数の惨殺死体を発見する。さらに、コロンビアの麻薬王を殺害したジャマイカ人たちも何者かに惨殺された。多数の部下を率いて現場を訪れたハリガンだが、麻薬取締局を名乗るキースらに制止され、半ば強引に事件捜査の引き渡しを命じられる。
ハリガンはこの惨劇の真実を突き止めるべく、スラム街に本拠を構えるジャマイカ・シンジケートのボスに会い、彼が「この世のものではない、人間の手では殺すことが出来ない魔物」と呼ぶ正体不明の殺戮者「プレデター」の存在を聞かされる。程なくしてそのボスやハリガンの部下達は、次々とプレデターの犠牲となっていく。

【レビュー】
まずはどうして、メジャーな1ではなく、どちらかといえばマイナーな2を紹介したのか。その理由は・・・確かに2にはシュワルツェネッガーほど魅力的なキャラクターは登場していませんが、評価すべきところは脚本と設定です。1ではプレデターは正体不明で目的不明。ただ単に殺戮を繰り返す存在でした。そして映画はそのままエンディングを迎えました。心に残ったのは「あれは何だったのか?なんの為の戦いだったのか?」でした。

その答えがこの2ではしっかりと描かれているのです。セリフなどできちんと描かれているわけではないのですが、何人ものプレデターが登場し、彼らの宇宙船の中に入ると、彼らがとても長い期間に渡って幾多の戦闘を繰り広げてきた「戦利品」が描かれます。この事がこのシリーズに奥深さを与えました。

そして、「エイリアンVSプレデター」や「プレデターズ」へとつながっていくのです。前作に引き続き主演を打診されたアーノルド・シュワルツェネッガーは「前作の良いところが失われてしまった」として脚本を提示された段階で出演を断ったそうですが、個人的には良かったと思います。主人公をロサンゼルスの普通の刑事にしたことで、リアリティが増し、感情移入しやすくなっています。1よりも数段、映画としてのクオリティが高まった「プレデター2」を一度鑑賞してみてください。

プレデター2 [Blu-ray]

新品価格
¥1,277から
(2011/9/27 23:03時点)




【こちらも嫌いじゃないですよ。】

プレデター (特別編) [Blu-ray]

新品価格
¥1,400から
(2011/9/27 23:04時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。