スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックスセンス

唯一、映画館へ2度足を運んだ作品
シックスセンス

今まで多くの映画を観てきましたが、今回紹介する作品「シックスセンス」だけが唯一、映画館へ2度足を運んだ作品です。通常、映画館へはお金を払って入る以上、見逃すまいとしっかりと意識を集中して観るようにしています。この作品も他の作品同様にしっかり鑑賞したつもりでした。ところが驚きの結末を知った後にある1シーンだけ謎が残ったのでした。その謎をどうしても確認したくて、2度目の鑑賞となりました。

【あらすじ】
小児精神科医マルコムと妻アンナ宅にある晩、かつて子供の頃に診たことのある患者ビンセントが押し入ってきた。彼は自分を治せなかったマルコムを恨んでおり、マルコムに向かい発砲、自殺した。一年後、未だにあの日の事件を重く引きずっていたマルコムは、妻とは会話もない冷えきった生活になっていた。そんなある日、マルコムは心を閉ざす一人の少年コールと出会う。彼にビンセントの影を見たマルコムは、必ず彼を助けようと決心する。だが、コールには大きな秘密があった・・・それは彼には死者の声が聞こえたのです。

【レビュー】
上記のあらすじは、この映画の本質を捉えてはいません。むしろ全てを書いてしまうと面白さは激減してしまいますからね。後になって良く考えてみれば、ヒントはあらゆるところに隠されていましたし、驚愕のラストというわけでもありません。ですが当時の私は映画にのめり込んでしまい、思考回路を停止してしまいました。ネタばらしに驚いて、1シーンを確認したい為にDVDの発売が待てずに劇場へ再び足を運ぶことになりました。

ラストまでにわかった人にとってはこれほどつまらない作品は無いかも知れませんね。でも、私とってこの作品の評価は高いのです。監督のM・ナイト・シャマランはこれ以降、私が注目する監督の1人となっています。

この作品は、なにより脚本が見事だと思います。劇中に無駄なところがまったく無い。描かれる全ての出来事が結末への伏線となっており、無駄な部分がない。マルコムとコールの心の触れ合いと描きつつも、コールと母親、そしてコールが大人への成長をスリラーという手法を使いながら描かれます。

この監督の作品はどれにも言える事なのですが、ただのホラー・スリラーではないのです。シャマラン擁護派の意見ではありますが、この作品はオススメです。

シックス・センス [Blu-ray]

新品価格
¥3,945から
(2011/9/8 17:26時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。