スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REC/レック

POV映画のススメ
レック

皆さんはPOV(Point of view)という形式で作られた映画をご存知でしょうか?通常の映画であれば、カメラが何台もあって、色んなアングルでカット割りされ、そこへ音楽を挿入することで緊迫感を演出したりします。このPOVというのはそういうものは一切を省き、映画の出演者自信がカメラマンとなり、ある出来事がそのカメラによって偶然に撮影されたかのように作られた映画の事をいいます。いくつかある中で今回紹介するのは「REC/レック」というスペイン映画です。

【あらすじ】
バルセロナにあるローカルテレビ局のレポーターであるアンヘラは、働く人々に密着したドキュメンタリーを撮影する為にカメラマンと共にある消防隊に同行取材をしていた。深夜、突然消防署に出動要請のベルが鳴り響く。「隣の部屋に住む老婆の叫び声を聞いた」というアパートの住人からの通報だった。彼女達もその出動に同行し、アパートまで辿り着くと血だらけの老婆が突然、隊員に襲いかかってきた。時を同じくしてアパート全体が警察によって隔離されてしまう。行き場を失った住民、消防隊、テレビクルー。彼らに襲いかかる恐怖の数々と事件に隠された秘密とは。

【レビュー】
このPOV方式で有名なのは「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド/HAKAISYA」「パラノーマル・アクティビティ」などがありますが、この作品群は観る人を選ぶのか、ハマれない人はまったく面白くない。という評価をかなり見かけます。私はPOVで作られた映画が大好きです。では、どうすれば楽しめるのか、私なりの楽しみ方を紹介します。

まずは映画と思わずに「偶然に撮影された実際に起こった映像」であると信じ込んでしまいましょう。バカになってその作品の世界観に浸ってしまう。登場人物達が俳優さんではなく、一般の素人さんが撮影した映像なのだと思い込んでしまいましょう。そうすればカメラの揺れや、アングルの悪さなども許せると思います。

そしてもう1つは映画以外の場所からの情報取集。「REC/レック」では用意されていませんでしたが、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド」では映画以外のところで作品内では説明のない設定がたくさん用意されています。それを知る事でより世界観に浸ることができ、楽しめます。

この方式では当然のことながら、音楽は無いし編集もされていません。(正確にはそういう演出ですが・・・)ですので、完成された映画を観ているというよりも、未完成なドキュメンタリーを観ていると思ってください。ある事件が起こり、そこに偶然遭遇した人物がカメラを持っていたので、撮影したものに驚愕の出来事が映っていたと。

この「REC/レック」という映画もこのジャンルの中ではとても良く出来た映画です。ホームビデオではなく、テレビクルーの持っていたプロ用のカメラとしたことで、他の作品に比べると映像がかなり見やすくなっています。真っ暗な中を撮影する為にナイトモードにするあたりは、かなりいいアイデアです。

今後も作られるであろうPOV方式の映画。食わず嫌いで観ないよりも、是非一度観てみてください。ハマると癖になりますよ。

REC [Blu-ray]

新品価格
¥3,000から
(2011/8/30 17:13時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。