スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ロック

難攻不落の有名な場所が登場します。
ザ・ロック

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの、ジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮を務め、監督にマイケル・ベイ。彼らが手掛けるアクション映画と聞けば、映画ファンなら絶対に見逃すわけにはいきません。今回紹介する映画は「ザ・ロック」です。

【あらすじ】
かつて侵入も脱出も不可能な連邦刑務所として名を馳せたアルカトラズ島、別名ザ・ロック。現在は観光客が見学に訪れる観光施設となっていた。そこへ海兵隊のハメル准将を中心とするテロリストが見学者81人を人質に取って占拠した。彼らは兵器庫から奪った神経ガスロケットをサンフランシスコへ照準を合わせ、政府に1億ドルの身代金を要求してきた。タイムリミットは40時間。厳戒態勢の下、極秘指令でこの鉄壁の要塞に挑むことをまかされたのはFBIの化学兵器専門家スタンリー・グッドスピードと、知られざる史上唯一のアルカトラズ脱出者で元英国諜報員メイソン。彼ら2人に運命は託された。

【レビュー】
生粋のアクション映画です。難しい設定や高尚なテーマは存在しませんが、これだけ見事に最初から最後までワクワク・ドキドキさせてくれる作品は珍しいのではないでしょうか。それは脚本がかなり良く出来ているから。無駄なプロットが1つもない。

さらに、登場する主要キャラである3人が素晴らしい。いつもなら研究室で化学兵器を調べる仕事だけしいてればいいはずのちょっと弱気な捜査官グッドスピードにニコラス・ケイジ。元英国諜報員メイソンを演じるのは、名優ショーン・コネリー。かつて彼が演じたジェームズ・ボンドを彷彿とさせるような、キャラクター設定にワクワクします。
そして、テロリストのリーダーを演じるエド・ハリスは頑固で生真面目な軍人を見事に演じてくれました。テロ行為ですら真面目に行ってしまうくらいの人物を。

脚本もいくつかのプロットがあり、大きな道筋は「テロリストによる身代金要求」ですが、その他にもグッドスピードの夫婦の話だったり、メイソンとFBIのかつての因縁だったりといくつかのプロットが入り組んでいるにも関わらず、それらを絶妙なテンポで見せるあたりが、この後にヒットメーカーと呼ばれる人物の関わった映画だなぁ。と思わされます。

ただ1つ気になるのは、解毒剤を直接心臓に打ち込むシーンがあるのですが、実際にあんな方法で注射して大丈夫なんでしょうかね?そんなことしか気になる事がないくらいエンターテイメントな作品です。

ザ・ロック [Blu-ray]

新品価格
¥1,841から
(2011/8/25 17:06時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。