スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイ・ハード

彼は本当にツイてない。

ダイ・ハード

今回はアクション映画の心に残る作品を紹介します。その作品とは「ダイ・ハード」です。この作品も当時中学生だった私はレンタルビデオでの鑑賞でした。確か、当時放送していた「はなきんデータランド」という番組のビデオランキングで1位になっていたので、どんな映画なのか、まったく確認しないままレンタルしてきたのを覚えています。(アクション映画という言葉すら認識がなかったと思います。)

【あらすじ】
ニューヨーク市警に勤務しているジョン・マクレーン刑事は、休暇を利用して別居中の妻ホリーが勤める日系企業があるロサンゼルスに来ていた。竣工中の超高層ビルでクリスマスパーティーが開かれている会社へ招待されたジョンだったが、些細なことでホリーと口論になる。すると突然の銃声が響き、パーティー会場はテロリストに占拠されてしまう。間一髪で逃げ出すことに成功したジョンだったが、人質となったホリーを救うため、たった1人でテロリストに挑んでいくことになる。

【レビュー】
もともと、この作品のように閉鎖的な空間(列車、ビル、飛行機)を舞台に描かれる映画が大好きだったので、マクレーン刑事に魅了されるのに時間はかかりませんでした。
彼の武器は拳銃1丁だけ、格好は裸同然、「なんで、こうなるんだ!」と文句を言いながらの行動は今までのヒーロー像からはかけ離れていますが、なんだか親近感が湧いたりしていました。(いつの間にか真っ黒になっていくランニングシャツがいいんです。)

さらには悪役も個性的で、インテリっぽいリーダーのハンス、金髪ロン毛で無表情なカール、メガネでパソコンヲタクっぽいテオなど、魅力的なメンバーを倒していく様は見ていて気持ちが良かった。

たった1人で戦うマクレーンに外から協力するパウエル巡査、運転手のアーガイル、憎らしいテレビレポーターのソーンバーグなど脇役にまで魅力的なキャラクターを配し、これでもかとド派手なアクションシーンを織り交ぜながら、見事な脚本でエンディングまで突き進む。アクション映画のお手本のような作品です。

この成功を受けて4作まで作られますが、やはり1番面白いのはこの1作目だと思います。特に難しいことは考えずにスカッとしたい時にオススメの1本です。

このシリーズには個人的な思いがいくつかありますが、それはまたの機会に・・・

ダイ・ハード [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/5 15:22時点)




≪こちらもオススメです!≫

ダイ・ハード2 [Blu-ray]

新品価格
¥1,734から
(2011/7/5 15:31時点)



ダイ・ハード3 [Blu-ray]

新品価格
¥1,734から
(2011/7/5 15:33時点)



ダイ・ハード4.0 [Blu-ray]

新品価格
¥1,580から
(2011/7/5 15:34時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。