スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープ・インパクト

なぜ世間は「アルマゲドン」ばかり評価するのか?

ディープ・インパクト

今回紹介する映画は「ディープ・インパクト」です。この作品は私が映画館で泣いた初めての映画です。それくらい素晴らしい映画なのに評価が低い。同時期に公開された「アルマゲドン」ばかりが高評価されるのに納得していません。そんな人が世の中にどれ位いるのでしょうか?

【あらすじ】
ある夜、天文部に所属する高校生リオ・ビーダマンは観測の途中である彗星を発見する。その情報を天文台のウルフ博士に連絡すると、その彗星の恐るべき動向が発覚する。ウルフ博士はその情報を連絡する途中で交通事故で死亡してしまう。数年後、ニュースリポーターであるジェニーは突如辞任した財務長官の取材を開始すると、合衆国大統領から呼び出しをうけ取材は中止するように命じられる。その見返りにこれから行う記者会見の最初の質問者となる権利を与えられた。その記者会見とはあの彗星の地球衝突と回避の為の「メサイア計画」発表の場だった。残された時間はあと1年。人類の運命は・・・

【レビュー】
基本的なプロットである「隕石の地球衝突、それに伴う人類滅亡を阻止」という点では「アルマゲドン」も「ディープ・インパクト」も同じである。しかし、前者は衝突阻止に出かけるブルース・ウィリス扮する掘削技師達をメインにおいているのに対し、後者は衝突阻止に向かう宇宙飛行士達はもちろん、合衆国大統領や発見者のリオ、リポーターのジェニーなど多くのキャラクターの視点を同時に進行させ、パニック映画としての要素が強く描かれています。
では、私がなぜ「ディープ・インパクト」を支持するのか・・・

※ここからはエンディングに触れています。未見の方はご注意を。

「アルマゲドン」は冒頭に小隕石の飛来を描き、最後はブルース・ウィリス演じる主人公がたった1人で犠牲になり、あとはハッピーエンド。めでたし、めでたし。で終わります。「ディープ・インパクト」は1度目の隕石爆破に失敗し、大・小2つに分裂する。小彗星の地球落下は避けられずに多くの犠牲者が出ます。それでも宇宙飛行士達のチームは諦めず、大彗星に対して自らの機体をぶつける事で、地球の壊滅的な損害を防ぐことに成功する。

どちらも同じエンディングに見えますが、大きく違うと思っています。1人の犠牲によって何事もなかったかのように平和を取り戻した「アルマゲドン」と、小彗星の衝突で多くの犠牲を出し、そして飛行士達も犠牲となった。それでも生き残った人類で新たに歩みを進めて行こうとする「ディープ・インパクト」。私はどうしても前者のほうが綺麗事で片づけているように思えてなりません。未曾有の大惨事が起ころうとしている状況をリアリティをもって表現していたのは後者であると思っています。

「ディープ・インパクト」にはロバート・デュヴァルやモーガン・フリーマン(おそらく合衆国大統領を黒人俳優が演じるのは初めて?)などの大御所が出演しながら、決して1人だけが目立つ演技をしていない、あくまでそこに出演している全員が主役であり、脇役なのだというパニック映画の素晴らしさを表現しています。

この作品を観てからだと、どうしても「アルマゲドン」が薄っぺらく見えてしまうのです。世間的な評価が低いことが納得いかないのです。是非とも両方を見比べて観てください。私は「アルマゲドン」では泣けませんでしたが、「ディープ・インパクト」では泣けました。

ディープ・インパクト [DVD]

新品価格
¥1,290から
(2011/8/9 13:35時点)




【是非、見比べてみてください!】

アルマゲドン [Blu-ray]

新品価格
¥1,958から
(2011/8/9 13:37時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

傑作

私もディープインパクトは大好きです。地球消滅を題材とした映画の中では
一番の傑作だと思っています。いろいろな家族の物語がほんとによく表現されていて感動的ですね。

No title

失礼ですが、何様ですか?

ディープ・インパクトもアルマゲドンも両作品ともに名作。
世間が片方ばかりを評価する、というのは世間の意見であって。
私は両作品とも天秤に乗せられないくらい好きです。

そもそも名作同士を「きれいごと」だとか主観だけで、どっちが良いだとか悪いだとか判断するのはいかがなものかと。
それと映画はキャスティングされた役者やそれを手がけた監督、プロデューサーで決めるものなのでしょうか。私は否です。

両作品とも100年後にも残る傑作。この2作品が何を伝えたいか、見てる人が何を感じたのか。エンターテイメント性で評価したら、どちらも譲れませんね。

あなたの主観を全面的に悲観してるわけではありません。ただ、名作を比べるっていうこと自体どうなのかな、と私は思いました。

コメントありがとうございます。

名無しさんへ

管理人のヤマシンです。

こんな長い間、休眠状態にあるブログに貴重なご意見を頂き、誠にありがとうございます。

あなた様のご意見を真摯に受け止め、今後の映画鑑賞に生かして行きたいと思います。

No title

>失礼ですが、何様ですか?
人が映画にどんな感想を持とうが勝手でしょ。それをブログに書いてなんか問題があるのかね
似たようなストーリーの作品なんだから、比較するのも映画の楽しみ方
お前こそ何様だよ




ブログ主様に全面同意

アルマゲドンのあの頭の悪いストーリーに感動できる人の気が知れません
いいのはエアロスミスの主題歌だけ

わたしはディープインパクトが一番好きです

わたしはディープインパクトが一番好きです映画、ビデオも買いましたです

同意

普段、街で出会った人に何様なんて言わないよな。

ブログのコメント欄で攻撃性を出す人なんて普段はちっちゃな人。

ちなみに当映画がアルマゲドンに比べて低評価な理由は、アメリカ人が大好きなハッピーエンド度がどちらが高かったかという部分もあると思う。

主さん、ブログで言いたいことをいうのは全く問題ないですよ。

秘密保護法施行までは(T_T)

比べるまでもありません

心がある映画であるかないかです
役者は特にすばらしい演技をしたわけでもなく、視覚効果にいたってはアルマゲドンに劣るぐらいです
それでも良いというのは、脚本・演出・音楽と映画に関わった人の良い作品を作ろうという姿勢だと思います
特に役者の心の演技には嗚咽と言うか、涙なんて言葉ては表したくありません

監督のミミ・レダーは人の心理を演出するのが上手いし
音楽のジェームス・ホーナーはこの映画が彼の集大成です

レンタルで3回借りて、TVで見て、最後には買いました

何度も見てるのに同じシーンで必ず泣いてしまう映画です

映画館でも見ました!

 リアルで見ました。
 もちろん『アルマゲドン』も見たのですが、大人の鑑賞眼に耐えられるのは本作でしょう。買いました。明日届きます(嬉)。
 たしか、「逃げて」「逃げて」「やっと頂上にたどり着けたのは一握り」といったラストでしたよね。満身創痍の生き残りだったと。
 おなじ意見の人がいて嬉しかった!!

No title

アルマゲドンは娯楽作品
名作と言うにはリアリテイに欠ける
ただの海底発掘してる連中が宇宙へ…???
有り得ないです。

ディープインパクトが心を打つのは、1人のヒーローも無く色々な立場の庶民の人間性を描いているからだと思う
パニック中心に描きがちな、この手の映画には珍しく「人」の心情を描いた名作です。

素晴らしい

私もディープインパクトを支持します。
お父さんが息子のビーダマンに自分の腕時計を渡すとき、
彼女をバイクに乗せて走り去る姿を見送る彼女の両親、泣きました

何度でも

私もディープインパクト大好きです。
テレビCMで派手な隕石落下シーンがあったので、そこにつられて映画館に行ってみたら、まさかのヒューマンドラマ。
普段泣いたことがないのですが、必死に涙を堪えました。
何回観てもいいですね。

先にこちらを観てしまったので、余計にアルマゲドンは駄目ですね。
演出過剰すぎ。

よくわかってますね

私もディープの方が断然よくできてる名作だと思う。
ハゲが映画の主役か、隕石彗星が主役かの違いですな。

人類滅亡物として「エンドオブザワールド」もいいですよ
ディープとは全く違う全編超地味な映画ですが
リアルにその時の人間模様を描いた名作です

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

まったくもって同感です。

何度見ても見入ってしまう大好きな映画です。当時もディープインパクトを見た後ではアルマゲドン、曲がキャッチーなだけで陳腐だけどな〜…見ながらぜんぜん気持ち入らんわと思っていました。
宣伝にかけるお金と映画の評価が直結な感じがとても気持ちが悪く、確かディープインパクトの方が先に作られていたのに公開がアルマゲドン先になったのではなかったでしたっけ?
それにしても、ディープインパクト2はカスみたいな映画だったよーな…同じ題名になんでしたん?と思うくらいイライラしました。
プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。