スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュラシック・パーク

映画を新たなステージに上げた作品

ジュラシック・パーク

今日紹介したい心に残る映画は「ジュラシック・パーク」です。スティーブン・スピルバーグの手によって現代に蘇った恐竜たちが縦横無尽に暴れまわる映画です。それまでの映画の常識を覆し、コンピューターグラフィックスによる表現方法を定着させた記念碑的作品です。

【あらすじ】
古生物学者のアラン・グラントは化石の発掘現場で頭を悩ませていた。資金不足で作業がなかなか進まないのだ。そんな時、突然あらわれた謎の老人ジョン・ハモンド。彼はある条件をのんでくれれば発掘作業の資金を出してくれるという。その条件とは彼の作ったアミューズメントパークへ行き、専門家としての意見を聞かせてくれるだけでいいというのだ。すぐにその話に飛びついたグラントだったが、アミューズメントパークの実態は琥珀に閉じ込められたDNAから蘇らせた恐竜たちが生息する「ジュラシック・パーク」だった。グラントは危険性を訴えるがハモンドは聞く耳を持たない。そんな時、嵐が迫る施設では次々とトラブルが発生。施設内を見学していたグラント達の前に恐竜が放たれる。

【レビュー】
この映画で1番驚かされたのは、もちろん映画に登場する恐竜たちの出来の良さ。それまでの映画では恐竜のような実在しない物を登場させる場合には、実物大の大きさでロボットを作り、大勢の人間が部位ごとに動かす。もうひとつはニミチュアを作り、1コマ1コマ動かしていく、それを人間と合成する。そのどちらかでした。
ところがこの映画が画期的だったのは、現在ではほとんどの映画で当たり前のように使われているコンピューターグラフィックスを初めて導入し、それまでの映画とは比べ物にならないくらいに見事な恐竜たちがそこにはいました。まさに生きているかのように・・・

子供の頃から恐竜が好きだった私にとっては、この作品はまさに夢のような映画でした。もちろん本物の恐竜なんて見たことはありませんが、スクリーン狭しと走り回るティラノサウルスや、のんびりと草を食べるブラキオサウルスなどなど多くの恐竜が生き生きと動く姿にワクワクしました。

もちろん恐竜だけが見どころの映画であれば紹介はしません。琥珀に閉じ込められた蚊の中にあった恐竜のDNAを採取するというアイデアも、脚本のテンポも、登場するキャラクターも違和感なく楽しめました。

この映画の後、コンピューターグラフィックスは当たり前になり、どんな夢物語も映像化することが可能になりました。その第一歩を目撃するだけでも価値はあります。

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]

新品価格
¥6,234から
(2011/7/27 16:08時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。