スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マトリックス

今いる世界は本物ですか?

マトリックス

映画を観に行った際に、本編上映前に観ることのできる「予告編」ですっかり魅了されてしまう作品が時々あります。今回紹介したい作品「マトリックス」もそんな作品の中の1本でした。今まで観た事もない映像の連続に「面白そうだ」と思った作品です。

【あらすじ】
昼間はしがないサラリーマンとして働くトーマス・アンダーソン。彼には夜になると天才ハッカー「ネオ」としてのもう1つの顔があった。彼はいつも思っていた。「この世界は自分が暮らすべき世界ではない」と。ある日、出会った謎の美女トリニティに導かれ、モーフィアスという人物に会う。モーフィアスは「この世界は作られた世界。本当の世界は別にある。」という。ネオは常に感じていた違和感を共感するモーフィアスに寄って、抜け出すことを決意する。彼を待っていた別の世界とは・・・

【レビュー】
いつも自分が暮らしている世界が、コンピューターの作り出したバーチャル・リアリティの世界で、本当の世界は人間とコンピューターの戦争後の荒廃した世界だった。というどこかで聞いたことがありそうな設定のお話。最初に聞いた時は「ん?よくある設定だな。」と思ったのです。ところが映画が進むにつれて、その映像の斬新さに驚くことになります。

ストップモーションを多用した映像。ワイヤーアクションを使ったアクションシーン。コンピューターグラフィックスを使った見た事もない世界。1999年の公開時にはまだまだ見かけることが少なかった技術をこれでもかと多用し、ありがちな設定を観た事もない世界に引きずり込んでいきました。

その斬新な世界観に引き込まれた私は「すごい映画に出会った」と思ったのです。ただラストでネオが空に飛び立つシーンを観て、「続編はないな」と思いました。いくらバーチャルな世界だからといって、なんでもアリにすると面白くなくなるのがこういうお話の鉄則です。ところが、この作品は「リローテッド」「レボリューション」と全3作に渡る壮大なお話となってしまいました。

決して、他2作が駄作だとは思っていません。ただ、監督であるウォシャウスキー兄弟の好きな世界観をディープに描きすぎて、万人受けする映画ではなくなってしまいました。個人的には続編も面白いのですが、ちょっと哲学的になりすぎたような気がします。

この1作目だけでも映画としては十分楽しめる作品となっています。

マトリックス [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/25 17:23時点)




【こちらで続きを】

マトリックス リローデッド [Blu-ray]

新品価格
¥1,616から
(2011/7/25 17:24時点)



マトリックス レボリューションズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,250から
(2011/7/25 17:24時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。