スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メン・イン・ブラック

おバカな宇宙人がわんさか登場します。
メン・イン・ブラック

皆さんは「幽霊」とか「宇宙人」とか「超能力」など非科学的な現象などを信用していますか?私は実際に見たり接触したことはありませんが、信用しています。そう思ったほうが楽しくないですか?そう考えることで映画に登場するそれらが、ただ荒唐無稽なだけでなく映画にスパイスを与えてくれるものになると思っています。今回紹介したい心に残る映画は「メン・イン・ブラック」です。それこそ宇宙人がわんさか登場して、私たちを楽しませてくれる作品です。

【あらすじ】
ニューヨーク市警の若手刑事ジェームズ・エドワーズは、黒のスーツに身を包んだ男「K」にスカウトされ、最高機密機関MIB(メン・イン・ブラック)の一員となる。
過去を抹消され、名前もただの「J」になった彼は、現在地球上に約1500ものエイリアンが人間に姿を変えて暮らしている事を知る。エイリアン達が、犯罪や侵略行為に出ないよう監視し、彼らの存在を世間から隠す事がMIBの任務だった。
そして、ベテラン捜査官「K」と新米「J」を待っていたのは、地球を巻き添えにした宇宙戦争勃発の危機だった。

【レビュー】
とにかくおかしな宇宙人がこれでもかと登場します。ゴキブリ型の奴やパグにそっくりな奴。小気味なジョークを織り交ぜながら(エルビス・プレスリーが死んだんじゃなく星に帰ったとか、デニス・ロッドマンが異星人だとか・・・)エンディングまでとてもいいテンポで見せてくれます。

主人公を演じる2人の俳優陣もとても魅力的です。寡黙で迅速かつ正確に任務を実行する「K」を演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。この作品以前はテロリストの親玉とか逃亡者を追い詰める刑事とか強面な役が多かったのですが、この作品では強面な雰囲気は残しつつ異星人相手に真顔で演じるコメディはお見事です。

相棒の「J」を演じるのはウィル・スミス。最近はすっかりプロデューサー業やシリアスな役が多くなってしまいましたが、この作品では血気盛んな若手エージェントをノリノリで演じています。そんな2人に次から次へとおかしな異星人が絡み、地球の危機を救う為に東奔西走する作品です。時には難しい事は考えずに大笑いできる作品もいいのでは?

3作目の制作も発表されているので、今から楽しみです。

メン・イン・ブラック [Blu-ray]

新品価格
¥1,536から
(2011/11/9 22:04時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。