スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インセプション

奇抜なアイデアの中にある人間愛。
インセプション

出演している俳優で鑑賞を決めることは無いのですが、演出している監督によって鑑賞を決める作品はいくつもあります。好きな監督は何人もいますが、今回紹介したい作品「インセプション」の監督クリストファー・ノーランも好きな監督の1人です。最初は特に意識をしていたわけではありませんでした。きっかけは「メメント」を観て、そして「ダークナイト」によって決定付けれらました。彼はすごい監督だと。そんな彼のオススメの1本です。

【あらすじ】
主人公のドミニク・コブはある装置と薬品を使い、他人の潜在意識=夢に侵入し頭の中にあるアイデアを盗み出し、それを欲しがる企業に売りつけるという企業スパイを生業としていた。非合法なその方法で彼は国際指名手配をされていた。そんな彼が日本である仕事を請け負ったが、盗み出すことに失敗してしまう。ところがその標的であったサイトウから逆にある不可能に近い提案を受ける。それはアイデアを盗み出すのではなく、侵入した人間の頭にある意識を植え付けること「インセプション」だった。
サイトウはライバル会社の社長とその息子との関係を悪化させ、まもなく病死する社長の死後に、その後を継いだ息子に会社を潰させようというのだ。コブはミッションの為に世界中にいる仲間を集め始める。果たして彼らのミッション「インセプション」は成功するのだろうか?

【レビュー】
この映画のように、その作品独特の世界観や設定を観客に見せる場合、1番問題になるのはどのようにしてそれを観客に伝えるのか。うまく観客を引き込むことが出来なければ、その作品の評価は低いものになってしまいます。この「インセプション」という作品では他人の夢に入り込む、さらに夢の中の夢に入る、現実と夢の中を区別する為のアイテムの存在など独特のルールとアイテムが登場します。それを物語の前半で無理なく自然に観客に説明することに成功しています。

そして、それらのルールを利用し、夢の中にさらに進むことで時間が遅く進むなど、映画を面白くする要素を見事に描いてくれました。油断していると置いてきぼりをくらいますので、しっかりと映画の中に身を投じてみましょう。

そんなSF要素満載な映画なのですが、それだけでは終わりません。というよりそれらの奇抜なアイデアを披露しつつも、お話の本質は主人公のコブと奥さんの悲しい夫婦愛のお話なのです。自殺してしまった奥さんの亡霊に苦しむコブ、それは自分自身のせいでもあるのですが、物語の後半はこの亡霊との対決がメインになっていきます。

それでも夢の中でのカーチェイス、銃撃戦などなどこれでもかと次々と我々を楽しませてくれます。クリストファー・ノーランの才能満載で送る知能戦を是非とも楽しんで観てくれださい。

インセプション [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/10/19 23:54時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。