スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト

人間の悪意が貴方に襲いかかります。

ダークナイト

今回の作品は2008年公開と比較的新しい作品ですが、近年稀にみる傑作となったクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」と紹介したいと思います。
マーベルと勢力を2分するアメコミ出版社のDCコミックに分類される「バットマン」を主人公とした作品で、前作「バットマン ビギンズ」から単なるヒーロー物ではなく、重厚な雰囲気をもった大人も楽しめる作品となっている。

【あらすじ】
凶悪犯罪の多発するゴッサム・シティ。その街で中心的役割を担う大企業ウェイン・エンタープライズ社、筆頭株主であるブルース・ウェインは昼間は無能なプレイボーイだが夜はバットマンとなり、ゴッサム・シティに巣食う犯罪者達を倒すため活動していた。
ある日、犯行現場に落としていくトランプのジョーカー。顔を白く塗り、裂けた唇のメイクを施した犯罪者「ジョーカー」が現れる。彼の犯す醜悪な犯罪の数々に振り回されるバットマンと警察。そして魔の手はブルースが想いを寄せるレイチェルにまで及ぼうとしていた。バットマンとジョーカーの対決の行方は・・・

【レビュー】
アメリカン・コミックの映画作品は大好きなのですが、このバットマンシリーズはあまり好きではありませんでした。それまでは主に子供に向けて作られているかのようで、悪役もコスプレキャラみたいな妙な格好ばかりが目立つものが多くて、魅力的なシリーズとは思っていませんでした。そんなシリーズを変えたのは監督であるクリストファー・ノーランです。彼はもともとバットマンが持っていた暗く重たい雰囲気を全面に押し出し、主人公であるブルース・ウェインのヒーローとしての苦悩を描いたのです。

そして何よりこの作品を傑作へと昇華させたのは、悪役「ジョーカー」を演じたヒース・レジャーです。彼の演じるジョーカーはただの犯罪者ではなく、人の心の闇を弄ぶ男なのです。そしてその闇は誰もがほんの少し持っている部分を増幅させ、彼は笑い続けるのです。その演技の素晴らしさは彼が故人となりながらもアカデミー賞最優秀助演男優賞を始め、数々の賞を受賞したことでも証明されています。

タイトルにも「バットマン」とは表記されず、「ダークナイト」と付けられました。もちろんダークナイト=バットマンなのですが、そんなところからもこの作品に懸ける監督の思いが伝わってきます。

是非、1度ご覧になって、ジョーカーの悪意に飲み込まれてみてください。

ダークナイト [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/7 18:09時点)




≪こちらもオススメです!≫

バットマン ビギンズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/7 18:13時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。