スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メン・イン・ブラック

おバカな宇宙人がわんさか登場します。
メン・イン・ブラック

皆さんは「幽霊」とか「宇宙人」とか「超能力」など非科学的な現象などを信用していますか?私は実際に見たり接触したことはありませんが、信用しています。そう思ったほうが楽しくないですか?そう考えることで映画に登場するそれらが、ただ荒唐無稽なだけでなく映画にスパイスを与えてくれるものになると思っています。今回紹介したい心に残る映画は「メン・イン・ブラック」です。それこそ宇宙人がわんさか登場して、私たちを楽しませてくれる作品です。

【あらすじ】
ニューヨーク市警の若手刑事ジェームズ・エドワーズは、黒のスーツに身を包んだ男「K」にスカウトされ、最高機密機関MIB(メン・イン・ブラック)の一員となる。
過去を抹消され、名前もただの「J」になった彼は、現在地球上に約1500ものエイリアンが人間に姿を変えて暮らしている事を知る。エイリアン達が、犯罪や侵略行為に出ないよう監視し、彼らの存在を世間から隠す事がMIBの任務だった。
そして、ベテラン捜査官「K」と新米「J」を待っていたのは、地球を巻き添えにした宇宙戦争勃発の危機だった。

【レビュー】
とにかくおかしな宇宙人がこれでもかと登場します。ゴキブリ型の奴やパグにそっくりな奴。小気味なジョークを織り交ぜながら(エルビス・プレスリーが死んだんじゃなく星に帰ったとか、デニス・ロッドマンが異星人だとか・・・)エンディングまでとてもいいテンポで見せてくれます。

主人公を演じる2人の俳優陣もとても魅力的です。寡黙で迅速かつ正確に任務を実行する「K」を演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。この作品以前はテロリストの親玉とか逃亡者を追い詰める刑事とか強面な役が多かったのですが、この作品では強面な雰囲気は残しつつ異星人相手に真顔で演じるコメディはお見事です。

相棒の「J」を演じるのはウィル・スミス。最近はすっかりプロデューサー業やシリアスな役が多くなってしまいましたが、この作品では血気盛んな若手エージェントをノリノリで演じています。そんな2人に次から次へとおかしな異星人が絡み、地球の危機を救う為に東奔西走する作品です。時には難しい事は考えずに大笑いできる作品もいいのでは?

3作目の制作も発表されているので、今から楽しみです。

メン・イン・ブラック [Blu-ray]

新品価格
¥1,536から
(2011/11/9 22:04時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

ミッション:インポッシブル

裏切り者が多すぎる。給料安いんじゃ?
ミッション:インポッシブル

かつてテレビシリーズで放送されていた「スパイ大作戦」が好きでした。数々の困難なミッションに集められたあらゆる分野のプロのスパイが、あの手この手で敵を欺き見事にミッションを達成する様は、観ている私をワクワクさせてくれました。そしてその有名シリーズが映画になりました。今回紹介するのは「ミッション:インポッシブル」です。

【あらすじ】
アメリカに秘密裏に存在するスパイ組織IMFに所属するイーサン・ハントは、盗まれたCIA情報員のリストを奪還する任務の為にプラハに来ていた。ところが、メンバーが任務の途中で次々と殺害されてしまう。さらにイーサンに密告者の疑いがかかり、逮捕されそうになる。間一髪のところで逃げ出したイーサンはもう1人の生き残りクレアと共に疑いを晴らす為に裏切り者を探す。

【レビュー】
お馴染みのテーマソングで始まったこの映画シリーズですが、テレビシリーズとは多少色合いが違います。テレビシリーズはある任務を遂行する過程が描かれますが、映画は主人公であるイーサン・ハントがIMF内部の裏切者によって罠にかけられて、その嫌疑を晴らすという感じになっています。

それとプロデューサーでもあるトム・クルーズが監督をその作品の都度、適任と思われる人物を指名するので、それに伴って映画の雰囲気みたいなものにかなり偏りが見られます。特に2作目のジョン・ウー監督の時はアクション色が強く、スパイ映画っぽさが多少薄れて描かれてしまいました。世間でもファンからは評価が低いようです。やっぱり監督の演出の仕方でかなりテイストは変わってしまいますからねぇ。

それでも、シリーズ化できるくらいですから、面白い作品であることは間違いありません。スパイ大作戦ならではの変装や侵入などのプロットはきちんと挿入されていましたし、不可能と思われる作戦も見事にやり遂げる。スパイ大作戦らしさは十分に堪能できる作品になっていると思います。多少のやり過ぎはありますが・・・

それにしても、どうしてこのシリーズではIMF内に裏切り者が必ずいるのでしょうか?大変なミッションを命じられる割にはお給料が安いのでしょうかね(笑)

そして、いよいよ12月には「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」が公開予定です。この予告編を観るだけでも楽しみで仕方ありません。

【ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル】予告編


ミッション:インポッシブル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,490から
(2011/8/23 15:47時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

マトリックス

今いる世界は本物ですか?

マトリックス

映画を観に行った際に、本編上映前に観ることのできる「予告編」ですっかり魅了されてしまう作品が時々あります。今回紹介したい作品「マトリックス」もそんな作品の中の1本でした。今まで観た事もない映像の連続に「面白そうだ」と思った作品です。

【あらすじ】
昼間はしがないサラリーマンとして働くトーマス・アンダーソン。彼には夜になると天才ハッカー「ネオ」としてのもう1つの顔があった。彼はいつも思っていた。「この世界は自分が暮らすべき世界ではない」と。ある日、出会った謎の美女トリニティに導かれ、モーフィアスという人物に会う。モーフィアスは「この世界は作られた世界。本当の世界は別にある。」という。ネオは常に感じていた違和感を共感するモーフィアスに寄って、抜け出すことを決意する。彼を待っていた別の世界とは・・・

【レビュー】
いつも自分が暮らしている世界が、コンピューターの作り出したバーチャル・リアリティの世界で、本当の世界は人間とコンピューターの戦争後の荒廃した世界だった。というどこかで聞いたことがありそうな設定のお話。最初に聞いた時は「ん?よくある設定だな。」と思ったのです。ところが映画が進むにつれて、その映像の斬新さに驚くことになります。

ストップモーションを多用した映像。ワイヤーアクションを使ったアクションシーン。コンピューターグラフィックスを使った見た事もない世界。1999年の公開時にはまだまだ見かけることが少なかった技術をこれでもかと多用し、ありがちな設定を観た事もない世界に引きずり込んでいきました。

その斬新な世界観に引き込まれた私は「すごい映画に出会った」と思ったのです。ただラストでネオが空に飛び立つシーンを観て、「続編はないな」と思いました。いくらバーチャルな世界だからといって、なんでもアリにすると面白くなくなるのがこういうお話の鉄則です。ところが、この作品は「リローテッド」「レボリューション」と全3作に渡る壮大なお話となってしまいました。

決して、他2作が駄作だとは思っていません。ただ、監督であるウォシャウスキー兄弟の好きな世界観をディープに描きすぎて、万人受けする映画ではなくなってしまいました。個人的には続編も面白いのですが、ちょっと哲学的になりすぎたような気がします。

この1作目だけでも映画としては十分楽しめる作品となっています。

マトリックス [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/25 17:23時点)




【こちらで続きを】

マトリックス リローデッド [Blu-ray]

新品価格
¥1,616から
(2011/7/25 17:24時点)



マトリックス レボリューションズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,250から
(2011/7/25 17:24時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。