スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交渉人

個人的に好きな俳優2人の対決に注目
交渉人

サミュエル・L・ジャクソン、ケビン・スペイシーという2人の俳優による熾烈な知能戦が繰り広げられるクライム・サスペンス映画「交渉人」を紹介します。世間的な評価はそれほどではないのですが、個人的に好きな映画です。

【あらすじ】
シカゴ警察東分署に勤めているプロの人質交渉人のダニー・ローマンは、同僚のネイサンから、何者かが警察年金基金を着服していることを知る。やがてネイサンは何者かによって殺害され、偶然彼に呼び出されたダニーが殺人の疑いをかけられる。さらに身に覚えのない警察年金基金の資料がダニーの家から発見され、横領の嫌疑までかけられてしまう。司法取引のため1日の猶予を与えられたダニーは、妻が止めるのも聞かずに年金基金の着服疑惑で自ら臭いと思っていた内務捜査局に押し入り、真相究明のため局長のニーバウムら四名の人質を取り立て篭もる。そしてダニーは警察側に西分署の同じ人質交渉人のクリス・セイビアンを呼ぶよう要求。もはや自分の勤める分署に信用できる人間がいないダニーは危険な賭けに出るのだった・・・

【レビュー】
日本の映画やドラマでも「交渉人」という職業が取り上げられ、だいぶ浸透してきてはいますが、やはり犯罪大国アメリカが本場ですよね。日本では活躍の場そのものが無さそうですが、アメリカではいくらでもありそう。そして映画の設定としても魅力的な「交渉人」という職業を、個人的にも大好きな2人の俳優が見事に演じてくれています。

脚本もよく練られていて、優秀な交渉人2人が対決しなくてはいけなくなるまでの流れは無理なく、立て籠もってからの警察とのやりとり、優秀な交渉人の2人の知能戦・・・と最後まで息をもつかせぬ展開は見応えがあります。

劇中に登場する交渉人としてのノウハウは実生活にも役立ちます。(笑)例えば、ダニーが警察が嘘をついて用意した内通者を見破るシーン。電話をする際にはメモに質問事項を事前に記入し、質問したら1つ消す。これは実際に仕事でも使えますよぉ。

大どんでん返しや驚愕のエンディングが待っているわけではありませんが、敷かれた伏線は見事だし、犯人の動機についても無理がない。そこへ「交渉人」というプロットを上手に織り込んでいます。オススメの1本です。

交渉人 [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/10/9 23:50時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

グーニーズ

楽しくなければ映画じゃない

グーニーズ

映画とは楽しむ為の娯楽だと思っています。難しいテーマや考えさせられる作品も必要だとは思いますが、そんな事は全部忘れて思いっきり楽しむことが映画を満喫する方法だと思っています。そんな思いっきり楽しめる作品を今日は紹介します。スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、リチャード・ドナー監督の「グーニーズ」です。

【あらすじ】
舞台はアメリカ合衆国オレゴン州アストリア市、海賊の伝説が残る田舎町グーンドック。主人公、マイキーの家は銀行に借金を抱えており、付近を買収しゴルフ場にしようとしていた銀行に迫られ、明日には立ち退きの書類にサインをしなければならなかった。
立ち退きが明日に迫った日、マイキーとマウス、チャンク、データの4人は、マイキー宅の屋根裏部屋で偶然、伝説の大海賊「片目のウィリー」の遺した宝の在処を記した地図を発見。彼らはその地図にあるとおりの宝があれば、借金を返せると地図を元に岬の燈台レストランの地下に向かうことに・・・。ところが、そこには脱獄したギャング団・フラッテリー一家が隠れていた。

【レビュー】
この映画に出会ったのは中学生の時、最初はファミコンソフトのゲームからでした。映画の内容なんてまったく知らなくて、ただただゲームに夢中になっていました。後になってからゲームのモチーフになった映画があると知ってから映画に興味を持ちました。

この作品も「スタンド・バイ・ミー」のように4人の少年が登場し、彼らの冒険がとても素敵に描かれています。ただ「スタンド・バイ・ミー」と決定的に違うのは、とにかく彼ら「グーニーズ」は底抜けに明るい事。どっちがいい悪いではなく、この作品の彼らの明るさを観ていると、こっちまで元気になってきます。

映画としての出来も、なかなか侮れません。お話は抜群のテンポだし、少年達のキャラクターも、悪役であるフラッテリー一家もとても魅力的な俳優陣で最後まで時間を忘れて楽しめる作品です。映画を「楽しむ」という意味では、この作品はピッタリな映画だと思います。

グーニーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,618から
(2011/7/22 16:32時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

キッド

忘れ物に気付かせてくれる素敵なお話。

キッド

皆さんは「キッド」という映画をご存知ですか?ブルース・ウィリス主演の映画なのですが、あまりメジャーな作品ではありません。でも私が誰かに「オススメは?」と聞かれると必ず挙げる作品の1つです。派手さは全く無いのですが、私の心に深く残る作品です。

【あらすじ】
ラス・デューリッツは有名人にイメージアップのためのアドバイスをほどこす優秀なイメージ・コンサルタントで、リッチな独身貴族。唯一の肉親である父親とは長年疎遠で、傲慢なまでに自信たっぷりの男だ。間もなく40歳を迎えるある夜、ラスは自宅で小さな男の子を目撃する。その時は見失ってしまうが、翌日、もう一度その少年に出会ったラスは、少年が昔の自分=ラスティであることを知る。話をするうちに、今の自分は、不器用でいじめられっ子だったあの頃とは全く違う成功者・・・でもラスティは、立派になったラスにこう言い放つ。「40歳になってもパイロットじゃないし、犬も飼っていなくて、家族もいなくて、ひとりぼっちなの?そんなの最低じゃない!」ラスは自分が子供の頃に描いた夢をひとつも叶えていないことに愕然とする。
一体、彼はなんの為に自分の前に現れたのか?やがて2人の前に、謎を解く鍵を握るある人物が現れて・・・

【レビュー】
子供の頃に描いた夢を叶えられる人はほんの一握りでしょう。大人になるにつれて、自分の力量もわかってきて、無駄な努力はしなくなる。それでいいのだと自分を納得させて生きていませんか?私はまさにそんな人間でした。(それは今でもですが・・・)
もし、子供の頃の自分が今の自分を見たらなんて言うだろう?そんなことを少なからず考えた事のある私は、まるで自分に言われているような気がして、身につまされる映画でした。

この映画の素敵なところは主演のブルース・ウィリスと8歳のラスティを演じた子役のやりとりが絶妙なのです。ちょっと肥満児でいじめられっ子の雰囲気を持っている子役の彼はとっても素晴らしかった。

8歳の自分が現れるなんて事、現実には起こり得ませんが、そんなお話を見せてくれるこの映画はなんて素敵なんだろうと思える作品です。そして、最後に起こるさらに素敵な展開に心が癒されることでしょう。

夢を忘れてしまった大人達に贈るオススメの1本です。

キッド 特別版 [DVD]

新品価格
¥1,106から
(2011/7/11 14:00時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。