スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタニック

この映画はどのジャンルに属しているのだろう?
タイタニック

さて、随分とご無沙汰をしてしまいました。久しぶりの更新ですみません。
2012年最初の作品は「タイタニック」です。おそらく映画ファンで無かったとしても1度くらいは耳にしたことがあるでしょう。1988年のアカデミー賞で11部門を受賞した名作です。個人的にはそれほど高い評価をしていませんが、映画好きなら1度は鑑賞しておく作品として今回は紹介します。

【あらすじ】
1912年4月10日、イギリスのサウザンプトン港から当時史上最大の豪華客船タイタニック号はニューヨークへと向けた処女航海へと出発した。貧しい青年ジャックは、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れ、友人のイタリア移民の青年ファブリッツィオと共にタイタニック号に乗船する。一方、上流階級の令嬢だったローズも、その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共にタイタニックへと乗船するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ローズ家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。そんな身分の違う2人が出会い恋に落ちる。そしてタイタニック号は20世紀最大の海難事故へ向けて北大西洋を進んでいくのだった。

【レビュー】
ジェームズ・キャメロン監督と聞いてどんな作品を思い出すだろうか?現在であれば「アバター」「タイタニック」と言えるだろうが、この作品を監督する前の彼は「エイリアン2」「ターミネーター」などSFアクション作品の名手というイメージしかなかった。
そんな彼が史実である「タイタニック号の沈没」を題材にラブロマンスを描くと聞いた時は意外という言葉しか思いつかなかったし、これほどの大成功を収めることも想像すらしていなかった。

この作品の何がそれほど人々を引き付けたのだろう?3時間という長い上映時間にも関わらず。それはなにより解り易さだと私は思います。ジャックとローズの悲恋を軸に、タイタニック号の沈没を見事なVFXによって描いて見せた。それが多くの人の共感を得て、興行成績世界一を達成したのだろう。(アバターに塗り替えられるまで)

私個人的にはこの作品中のジャックとローズの恋愛物語はどうでも良くて、パニック映画として観ていたのを覚えています。乗客が逃げ惑う中で落ち着かせようと演奏を続ける楽団員や、死を覚悟する老夫婦など心にグッとくる演出が多く観られます。

映画ファンを名乗るのなら1度は観ておくべき映画であることは間違いありません。

タイタニック [DVD]

新品価格
¥650から
(2012/1/25 18:40時点)


スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

沈黙の戦艦

ダイ・ハード3の脚本を変えさせた作品
沈黙の戦艦

アクションスターと聞いて誰を思い浮かべるだろう?シスベスタ・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリスなどがすぐに思い浮かぶだろうか。しかし、個人的は忘れて欲しくない人がいます。彼の名はスティーブン・セガールです。日本にも縁の深い彼。そんな彼の作品の中で1番面白いのではと思っているのが「沈黙の戦艦」です。

【あらすじ】
退役を間近に控え、ハワイからアメリカ本土に最後の航海に出たアメリカ海軍戦艦「ミズーリ」。艦長のサプライズ誕生日パーティーの為にバンドとダンサーを乗せたヘリが着艦。しかし、そのヘリには元CIAエージェント、ストラニクス率いるテロリスト一味が乗っていたのだ。副艦長・クリル中佐も仲間の一味で彼らを手引きしていた。クリル中佐はアダムス艦長を殺害、テロリストは他の乗員を船倉に監禁してしまう。彼らの目的は、艦に搭載されている核弾頭搭載トマホーク巡航ミサイルのブラックマーケットへの転売だった。しかし、彼らはある誤算に気付いていなかった。
ミズーリには艦長の友人であるコック長のケイシー・ライバック兵曹が乗り合わせていた。実は彼の正体は、元海軍特殊部隊「SEAL」の対テロ部隊の指揮官だった。彼の能力はずば抜けており、軍隊で彼を知らぬ者はいないほどである。テロリスト達はそれに気付かず、冷蔵庫に閉じ込めただけだった。ここからケイシー・ライバックのたった1人の逆転劇が幕を開けるのです。

【レビュー】
この作品は公開当時に大ヒットし、これ以降のスティーブン・セガールの作品のほとんどに「沈黙の○○」と邦題が付き、沈黙シリーズと呼ばれるようになってしまうほど面白い作品でした。しかし、実際にこの作品の正当な続編は「暴走特急」だけで、残念ながらとても魅力的なキャラクターだったケイシー・ライバックは2本しか登場していません。タイトルに「沈黙の○○」と付いているからといって、期待すると痛い目にあいますのでご注意を。なんの関係も無い作品を主演俳優が同じというだけで、似たようなタイトルにしてしまう日本の配給会社には疑問を感じます。

この「沈黙の戦艦」という作品はとても良くできたアクション映画です。海に浮かぶ戦艦という閉ざされた空間。仲間のほとんどが囚われてしまい協力者は少数。この絶望的な状況をたった1人で打開していく様は「ダイ・ハード」に通じるものがあります。そうこの作品は公開され大ヒットしたことで「ダイ・ハード3」の脚本を変えさせたのです。どんな内容だったのかは今となってはわかりませんが、高層ビル、空港ときたシリーズが次は海を舞台にしようと考えるのは、さほど難しいことではありません。

こういうアクション映画で重要な悪役も魅力的です。テロリストのリーダーには今では重厚な演技が似合ってしまうトミー・リー・ジョーンズ。この作品ではバンダナを頭に巻き、憎らしいテロリストを見事に演じています。こういう作品では悪役が憎らしければ憎らしいほど、主人公を応援したくなり、その活躍を気持ちよく観る事ができます。オススメのアクション映画の1本です。

沈黙の戦艦 [Blu-ray]

新品価格
¥1,735から
(2011/12/15 17:05時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

インデペンデンス・デイ

2つのジャンルの良いところを兼ね備えた作品
インデペンデンス・デイ

私の好きな映画に「SF映画」と「パニック映画」があります。そのどちらの要素も兼ね備えた名作映画があります。すっかりディザスタームービーの巨匠と呼ばれるようになってしまったローランド・エメリッヒ監督の「インデペンデンス・デイ」です。陳腐なストーリーと揶揄されることもありますが、個人的には好きな作品の1つです。

【あらすじ】
アメリカ独立記念日を2日後に控えた7月2日、突如として地球に接近する巨大な飛行物体をレーダーが捉えた。直径24キロにも及ぶ円盤型の飛行物体はニューヨーク、ワシントンD.C.など世界中の大都市の上空に現れ、何かを待つように静止した。ニューヨークに住むコンピューター技師のデイヴィッドは衛星通信の影に潜むように円盤同士で送られている電波を見つけ出し、解析に成功する。その電波はある時刻へ向けてのカウントダウンだった。デイヴィッドはそれが人類への攻撃開始の合図であると、元妻が勤務するホワイトハウスへ車を走らせる。間一髪のところで攻撃時間ギリギリにエアフォースワンでの脱出に成功したホイットモア大統領は人類を滅亡させようとするエイリアンに対して攻撃することを決意する。ここに人類対異星人の壮絶な戦いが始まる。

【レビュー】
この作品を観た当時の感想は「久しぶりに見応えのあるSFパニック映画を観た」でした。色んなところでアメリカ万歳の陳腐なストーリーと言われることもありますが、個人的には大統領から始まり、軍人に民間人と登場人物の立場も色々と描かれていて、バランスの取れた脚本に仕上がっていたと思っています。

そして、アカデミー賞も受賞した視覚効果も見事で、各大都市に配置された円盤から放たれたレーザー砲によって破壊されていく様子はCGのみを使うのではなく、ミニチュアも使って迫力ある攻撃シーンとなっています。

もちろん、私がこれだけ高評価をするのは視覚効果だけの薄っぺらい映画ではなく、脚本も良く出来ているからです。核攻撃にも耐えうるバリアでいかなる攻撃も受け付けない異星人に対し、コンピューターウィルスによって無効化するとか。エリア51の存在、以前から地球に潜入し調査していた異星人がいよいよ人類に攻撃を仕掛けてきたという設定もなかなか面白いなと思わせてくれました。

この作品の続編が2作品の予定で進行中です。是非とも1を上回る作品を作ってくれることを心より願っています。

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,733から
(2011/12/7 17:57時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

アウトブレイク

目に見えない脅威の恐ろしさ
アウトブレイク
つい最近、スティーブン・ソダーバーグ監督の「コンテイジョン」という作品を観た。未知のウイルスが爆発的に流行し、人類が危機に瀕するという作品。その作品を鑑賞しながら私はかつて観た「アウトブレイク」という作品を思い出していた。どちらの作品も未知のウイルスによるパンデミックを描いているが、描き方に少しの違いがあります。

【あらすじ】
1967年。ザイールのモターバ川流域で内戦に参加していた傭兵部隊に原因不明の出血熱が流行し多数の死者を出した。調査に訪れたアメリカ軍は感染者の血液を採取した後、隠蔽のため部隊のキャンプを燃料気化爆弾で消滅させる。
そして現在、モターバ川流域の小さな村で未知のウイルスによる出血熱が発生する。アメリカ陸軍伝染病医学研究所のダニエルズ大佐を始めとした調査隊が現地に向かうも時既に遅く、村の医師と村から離れて暮らしていた祈祷師を除いて村は全滅状態となっていた。ダニエルズはウイルスの致死率の高さと感染者を死にいたらしめるスピードの早さに危機感を抱き、軍上層部と疫病管理予防センター(CDC)に勤務する元妻のロビーに警戒通達の発令を要請するが双方から却下される。
そんな折、アフリカから一匹のサルがアメリカに密輸入された。密売人はカリフォルニア州沿岸の田舎町シーダークリークのペットショップに売りつけようとするが失敗し持て余したサルを森に放す。その後サルと接触した人々が次々とモターバ熱を発症し、死亡する。更に不注意で血液を浴びた血液検査技師が恋人と町の映画館へ行ったのを機に爆発的な感染「アウトブレイク」が始まってしまう。

【レビュー】
同じ未知のウイルスによる爆発的な感染を描いた2本の映画。「コンテイジョン」はどちらかといえば、「もしも未知のウイルスに人類が襲われたら」という感じでドキュメンタリー風に描かれた作品。派手な演出はありませんが映画を観終わった後は、思わず触れる物に気を付けてしまうような作品です。この「アウトブレイク」という作品は逆にエンターテイメント色が強く、パニックアクション映画とでも呼べる映画でしょうか。

ウイルスに侵された小さな田舎町が舞台となり、かつての事件のように爆弾による封じ込めを行おうとする軍隊と、それを救おうとする研究者達という構図でドキドキハラハラの展開を見せてくれます。

キャストも豪華で、主演にダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ、モーガン・フリーマンと名優ぞろい。さらに今回、調べて驚いたのですが私が個人的に好きな俳優ケビン・スペイシーも出演していました。まったく記憶に無かったです。

アウトブレイク [Blu-ray]

新品価格
¥1,735から
(2011/11/30 23:08時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

テルマ&ルイーズ

2人の女性の生き様に清々しさを感じてしまいます。
テルマ&ルイーズ

このブログを書くようになってから、私は記憶を遡る作業をよくする。かつて観た私自身が心に残る作品を思い出す為だ。先日、テレビを見ていたら来日中のブラッド・ピットがインタビューを受けていた。いまや世界的な大スターとなった彼が最初に注目された作品として「テルマ&ルイーズ」が取り上げられていた。私はその作品を初めて観た時の衝撃を思い出した。

【あらすじ】
舞台はアーカンソー州の小さな町。レストランでウエイトレスとして働く独身女性のルイーズと専業主婦のテルマは親友同士であった。ルイーズは退屈な毎日に、そしてテルマは自分を家政婦同然に扱う夫のダリルから逃れるためにドライブへと繰り出した。夕食のために立ち寄ったバーで、テルマは日頃の鬱憤を晴らすかのように酒を飲み、悪酔いしてしまう。そこに、バーの店員であるハーランがテルマを口説きに来た。彼女はハーランと共に店の外へと消えた。なかなか戻ってこないテルマを心配したルイーズが店の外へ出るとなんとテルマはハーランに強姦されかかっていた。ルイーズはテルマが自宅から持ち出した拳銃をハーランに突き付けた。ハーランはテルマを開放するも、興奮が収まらずルイーズに対し侮辱的な言葉を浴びせた。憤慨したルイーズは拳銃の引き金を引きハーランを射殺してしまった。この瞬間から、2人にとって思い出作りとなるはずだった旅行は一転して逃避行と化した。

【レビュー】
最初にこの作品をレンタルビデオで手に取った時には、自由を求めた女性2人のロードムービーだと思っていました。ところが、この映画の凄さはエンディングに待っていました。ここで話してしまうとつまらなくなってしまうので、詳しくは言えませんが個人的には嫌いなエンディングです。いつもであれば、こういう結末は好きではないのです。ところが予想だにしていなかったエンディングに、清々しささえ感じてしまった自分がいました。

第64回アカデミー賞で脚本賞を受賞したのは伊達ではありません。映画を観ている間はこれほど自分の心に残る作品になるとは思っていませんでした。普段の生活の中で抑圧された女性が自由と自立を手に入れて、成長する物語だろうと簡単に考えていました。そこへ飛び込んできたエンディングに私は「うわ。凄いエンディングだ・・・」と思ってしまったのでした。好みによるかも知れませんが、なんだか潔い結末に拍手を送りたくなってしまいました。
とっても若いブラッド・ピットを観るつもりだとしても、グイグイと映画に引き込まれることでしょう。

テルマ&ルイーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,600から
(2011/11/16 18:09時点)


テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

プロフィール

yama.shin

Author:yama.shin
名作映画傑作選「心にのこる映画たち」にようこそ!
これから映画鑑賞を趣味にしようという人に是非一度観て欲しい作品を紹介します。

★相互リンク大歓迎です。コメントにご連絡をいただければリンクさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。